D&Dスタジオホームページ

D&D studio [ 会社情報 ]

蟒コ遽峨ョ繧カ繧、繝ウ
蠎苓苓ィュ險医√う繝ウ繝繝ェ繧「繝繧カ繧、繝ウ
迺ー蠅繝繧カ繧、繝ウ
螻慕、コ莨壹ヶ繝シ繧ケ繝繧カ繧、繝ウ
繝励Ο繝繧ッ繝医ョ繧カ繧、繝ウ
繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繝繧カ繧、繝ウ
繝代ャ繧ア繝シ繧ク繝繧カ繧、繝ウ
Web繝繧カ繧、繝ウ
繧、繝ウ繧ソ繝シ繝輔ぉ繧、繧ケ繝繧カ繧、繝ウ
縺帙◆譁謨吶し繝溘ャ繝

D&Dstudio

Exhibitionせた文教サミットについて

 会社概要 メンバー紹介 社名について せた文教サミットについて クライアント一覧表

せた文教サミット

世田谷区の瀬田地域には、交通量が多く、過去に女子中学生が横断歩道に出たとたんタクシーにはねられるという事故があり、この現場の問題を解決するに当って、個々の学校だけではなく、地域全体の教育機関が一緒になって通学路の問題を考えるべきであると1999年に『せた文教サミット』を発足させました。

この活動は、環状8号線と国道246号線、駒沢通りに囲まれた「瀬田小学校」「瀬田中学校」「こひつじ幼稚園」「わかな保育園」「セント・メリーズ・インターナショナルスクール」そして「多摩美術大学」、これらをサポートする世田谷区、瀬田町会長、地元の有志らが集まったものです。

環状8号線と国道246号線が交差する上に、駒沢通りと、一級河川の多摩川にも囲まれ、幹線の渋滞と住宅地への通過交通の流入が多い上に、道路が直線でスピードも出易く、子供たちとの接触事故が多くなる一方でした。

「これ以上事故を起こして欲しくない。なんとかしなければ」という思いが地域に広がって行く中、瀬田小学校の前の通学路へ駐車場の出入り口を設ける大型マンションの建設工事が始まり、地元の学校医もされている幡野内科クリニックの代表の幡野永由先生と瀬田町会長、学校関係者の協力を得て、通学路の安全確保を求める署名活動を展開したところ、住民2,200名余りの地域で2,472名の署名が集まり、これをきっかけに、

・1999年12月、地域住民、学校関係者で、活動団体・せた文教サミットを発足。
・2002年6月、せた文教サミット、多摩美術大学、世田谷区の三者による協力体制が確立。

東京都世田谷区瀬田地域での児童を中心とする青少年の健全育成と、社会環境の整備、生活の安全等を図り、住みやすい「ふるさと瀬田」を創るため、瀬田1丁目及び瀬田2丁目に、住民に愛される道路用ネームプレートを作成し設置しました。

 テレビ東京にてせた文教サミットでの活動が放映 2004年4月

 産経新聞にせた文教サミットでの活動が掲載 2004年1月

 FMラジオJ-WVEで紹介にてせた文教サミットでの活動が紹介 2004年1月

 日本工業新聞HP掲載にて非常勤講師として講演 2004年1月

 朝日新聞HPにせた文教サミットでの活動が掲載 2004年1月

 朝日新聞にせた文教サミットでの活動が掲載 2004年1月

 産経新聞大阪版にせた文教サミットでの活動が掲載 2004年1月

 ケーブルテレビにせた文教サミットでの活動が放映 2004年1月

 デュポンコーリアン株式会社HPにせた文教サミットでの活動が掲載 2004年1月